茨城大学フロンティア応用原子科学研究センター

Frontier Research Center for Applied Atomic Sciences, Ibaraki University

概要

茨城大学フロンティア応用原子科学研究センター

 

 東海村に本拠を置く当センターは、大強度陽子加速器施設(J-PARC)が供給する中性子線などの量子線を利用する物質科学・原子科学・ビーム科学などを展開することにより、茨城大学における理工学研究科の教育と連動し、さらに茨城県が推進する産業応用や地域イノベーション達成への貢献を視野に入れ、先進的な研究教育拠点を形成することを目的としています。  2016(平成28)年度からセンター長および専任教員の新たなメンバーが着任しました。さらに兼務教員の再編成をと もなう部門ユニット化による科学研究と量子ビーム技術開発の強化、理工学研究科量子線科学専攻の教育を担うキャンパス化など、さまざまな改革を進めています。

 

 The Center located at Tokai village is aimed at establishing the advance base of the research and education of atomic sciences in Japan by using various quantum beam facilities including neutron beam provided by J-PARC (Japan Proton Accelerator Research Complex), which promote materials science, atomic science, beam science, and so on. These activities are closely connected with Graduate School of Science and Technology of Ibaraki University, with which regional industrial application and technology innovation in Ibaraki prefecture are pursued.

 At the beginning of FY2016, new staff members arrived, and the cooperative members are also reorganized.  We reform the system of Frontier Center  by establishing the divisions and research units for scientific  researches and developments of quantum-beam techniques. These actions are closely correlated with the new education system of Department of Quantum Beam Sciences, Faculty of Scieence and Engineering of Ibaraki University.

茨城大学フロンティア応用原子科学研究センター © 2016 Frontier Theme