県BL開発部門

iBIXユニット[生体領域]の紹介へリンク

iMATERIAユニット[材料領域]の紹介へリンク

研究部門

原子スケールの世界で新物性現象と機能性材料を開拓する。

 

 新物質の開発、および機能探索・特化において、物質中の原子レベルの構造やダイナミクス(エネルギー階層)の追究が不可欠です。特に中性子ビームを用いると、磁気散乱・物体透過能・原子核状態を反映した散乱断面積などの他の探索プローブにはない特徴を利用 して、結晶構造・分子構造・電子状態・磁気構造が解明できます。これらにより、新物性現象、新機能材料やエネルギー材料・構造材料のブレークスルーを実現する研究を目指します。  茨城県や東海村と連携しつつ、大強度陽子加速器施設J-PARC、高エネルギー加速器研究機構、日本原子力研究開発機構を始めとする研究機関との連携と 研究遂行、民間企業との共同研究を進める「知の融合する場」として、研究・教育・人材育成に寄与しています。特に茨城大学内においでは、センターに参画す る兼務教員と協力して、理工学研究科量子線科学専攻の研究・教育の一翼を担っています。  2016(平成28)年度から新たに研究部門のユニット制を導入し、以下のような活動を開始しています。

 

 部門長・岩佐和晃

量子ビーム装置ユニットの紹介へリンク

iBIX活用ユニットの紹介へリンク

生体系活性水素研究ユニットの紹介へリンク

ソフトマターユニットの紹介へリンク

物性物理ユニットの紹介へリンク

産学連携部門

産学連携部門が提供する価値

 

 本部門は「研究部門」、「県BL開発研究部門」の研究成果や幅広い知見を地域社会に還元するために、企業・研究機関のみなさまと茨城大学フロンティア応用原子科学研究センターの橋渡し役を担います。 具体的には、産学官の研究者・実務者と当センターとでお互いに知恵を出し工夫して、長期的な共同研究を実現し、貴社の中核的事業として育っていく、そのコア技術創出のお手伝いをします。

 

 部門長・西野 創一郎

部門メンバー

兼務教員 西野 創一郎(工学部教授,部門長) 応用粒子線科学

海野 昌喜(工学部教授)

久留主 泰朗(農学部教授)

森井 幸生(コーディネータ) 産学官連携・ものづくり支援